乳酸菌 ヨーグルト

乳酸菌を含む代表的食品「ヨーグルト」

 

ヨーグルト

今や、ヨーグルトは乳酸菌を豊富に含んだ食材として、
最も有名で人気がある健康食品と言えるでしょう。

 

実際、ヨーグルトには代表的なブルガリア菌やビフィズス菌をはじめ、サーモフィルス菌やアシドフィルス菌など様々な種類の乳酸菌が含まれていると言われています。

 

こうした乳酸菌を日頃から摂取することで、
腸内の善玉菌を増やし健康維持効果を期待できるのです。

 

これらの乳酸菌が存在することによって、ヨーグルトは保存性の高い食品となっています。

 

その理由は、乳酸菌が腐敗を促進させる菌類を抑制してくれる働きを持つからです。
このような効果を持つことから、乳酸菌がいかに優れたものであるかがよくわかりますね。

 

もちろん、乳酸菌はこの他にも体に良い効果をたくさん発揮してくれます。

 

腸内環境を改善させることは、体の免疫力を高めることにもつながります。
そのため、色々な病気にかかりにくくしていけるのです。

 

また、がん細胞を抑制したり殺したりする働きを持つ大切な免疫細胞、
ナチュラルキラー細胞などを活性化させる働きも持っていると言われています。

 

このように、ヨーグルトに含まれている乳酸菌には、
腸内環境を整える他にもガンや病気の抑制など、様々な効果を発揮してくれるのです。

 

ヨーグルトで乳酸菌を摂取していくには、
やはり毎日ヨーグルトを食べる習慣を身につけていかなければなりません。

 

しかし、毎日同じものを食べ続けるというのはなかなか大変なものでしょう。
そこで、途中で飽きてしまわないためにも、毎日食べ方に工夫をしてみるのがおすすめです。

 

例えば混ぜるジャムを変えてみたり、フルーツと一緒に食べてみたり、
ゼリーにしてみたり、ラッシーのようにしてみたり…。

 

様々なバリエーションを持たせることで、毎日食べていくことを習慣付けていけるでしょう。