乳酸菌 キムチ

植物乳酸菌の宝庫、キムチを食べよう

 

キムチ

乳酸菌には動物性と植物性の2種類が存在しており、
このうち後者は漬物のように野菜が発酵されている食品にたくさん含まれています。

 

漬物というと、日本にある浅漬けやぬか漬けなどがすぐに頭に浮かぶ人も多いでしょう。

 

しかし、植物性乳酸菌を多く含んでいる漬物は、日本のものだけではありません。韓国の漬物として有名なキムチにも、豊富な植物性乳酸菌が含まれているのです。

 

しかも、キムチはぬか漬けのように、食べる前に洗う必要などがありません。
つまり、野菜の表面に付いた乳酸菌まで、ごっそり食べることができるのです。

 

キムチというと白菜漬けのものがイメージされやすいですが、
実は使われている野菜によって豊富な種類が存在します。

 

まず、角切りの大根がメインに使われている「カクテキ」。
そしてきゅうりがメインに使われている「オイキムチ」。
これらはどちらも独特の歯ごたえを楽しむことができて、キムチ好きには堪らないものです。

 

更に、海鮮やフルーツと白菜が豊富に使われた「ポッサムキムチ」の他、
日本ではあまり見られないチョンガ大根が使われている「チョンガキムチ」、
辛さのない「白キムチ」など少し珍しいものも存在します。

 

得に「白キムチ」は辛いものが苦手で
なかなか普通のキムチを食べられないという人でも食べやすいでしょう。

 

ちなみに、キムチの乳酸菌は時間が経つごとにどんどん増えてきます。
キムチを購入してからしばらく放置しておくと、どんどん酸味が増しますよね。
これはつまり、乳酸菌が増加している結果だったのです。

 

より多くの乳酸菌を摂取するのであれば、
ある程度時間を置いたキムチを食べると良いでしょう。