乳酸菌 チーズ

種類豊富なチーズで美味しく乳酸菌を

 

チーズ

牛乳を発酵させることで作られた食品、チーズにも豊富な乳酸菌が含まれているとして、近年話題になっています。

 

牛乳を発酵させているのは乳酸菌ですから、
チーズの中には生きた乳酸菌がたくさん存在しているのです。

 

しかも、そのはたらきはヨーグルトよりも活発であるとされており、乳酸菌を摂取するためにチーズがいかに適した食品であるのかがよくわかるでしょう。

 

ちなみに、チーズには非常に豊富な種類のものが存在しています。
大きく分けるとナチュラルチーズとプロセスチーズというものに分けられますが、
それぞれで更に細かく分類していくことができるのです。

 

日本で当たり前のように目にするチーズはもちろん、
カビを使ったものやアルコールを吹きかけたもの、加熱融解させたものなど、
実に色々なものが存在します。

 

そのため、チーズそのものだけでも味に飽きることなく、
摂取していけるという魅力があるのです。

 

更に、料理に使っていけば更にバリエーション豊かにしていけます。
毎日同じものを摂取していくのは大変ですが、これなら飽きを感じることなく、
色々な味を楽しみながら続けていけるでしょう。

 

こうしたチーズに含まれている乳酸菌も、
もちろん他の食品に含まれている乳酸菌と同じように優れた効果をもたらしてくれます。

 

善玉菌として腸内環境を改善へと導くことをはじめとして、
その結果便秘を解消したり、体の抵抗力も高める効果を期待できるでしょう。

 

更に、牛乳を飲むと下痢をしてしまう体質で牛乳を飲むことができないという人にも、
チーズは大変おすすめできる食べ物です。

 

このような牛乳による下痢の症状を起こしてしまうのは、
牛乳の乳糖の消化吸収ができていないことが原因とされています。
チーズなら、乳糖自体が既に分解されてしまっているので、
下痢の心配なく牛乳が持つ栄養素を補っていけるのです。

 

このように、チーズは腸内環境改善に役立つ乳酸菌を豊富に含んでいる他、
様々なメリットが存在していると言えるでしょう。